(一財)愛知県建築住宅センターは、建築確認・検査、住宅瑕疵担保責任保険、住宅性能の評価、長期優良住宅技術的審査 のワンストップサービスを提供しております。

トップページ > 事業案内 > 防犯優良マンション認定

防犯優良マンション認定

1.制度の目的

住宅への侵入犯罪を未然に防止するためには、玄関の鍵を堅牢にしたり、窓ガラスが簡単に破られないようにするなど、住宅の構造・設備等を犯罪に強いものにする必要があります。 本制度は、こうした防犯的な観点から、一定の認定基準に適合しているマンションを「防犯優良マンション」として認定し、犯罪の起こりにくい居住環境を作ろうとするものです。

2.対象マンション

鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨造の共同住宅で、分譲・賃貸を問いません。 既存のマンションも、認定基準に適合していれば認定対象です。

3.申請手続き

防犯マンションは 「設計段階審査」 「竣工後審査」 の2段階審査により認定します。

●申請先
一般財団法人 愛知県建築住宅センター


〒460-0008 名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル1階
TEL : 052-264-4052  FAX : 052-264-4086
月〜金曜日(休日を除く)
9:00〜12:00 13:00〜16:00

4.審査・認定

@設計段階審査

申請書に基づき、(一財)愛知県建築住宅センターと(社)愛知県防犯協会が指名した認定審査資格者(審査員)2名以上(1級建築士と防犯設備士)が、設計段階の書類審査を行います。

設計段階適合証

・判定委員会の開催 審査員の審査後、有識者等で構成される判定委員会が開催され、認定基準に適合するものは、「設計段階適合証」が交付されます。 不適合の場合は、経過報告書により改善事項等が通知されます。 認定手順はこちら


■設計段階適合証

A竣工後審査

設計段階審査に適合したマンションを竣工後、審査員が現地に赴き審査を行います。審査日につきましては、あらかじめ日程の打合せをいたしますので、立会をお願いします。審査員は「審査員証」を携帯しておりますので、必要があれば提示を求めてください。

認定登録証

現地審査終了後、判定委員会が開催され、認定基準に適合するものは「防犯優良マンション認定登録証」及び「認定プレート」が交付されます。 不適合の場合は、経過報告書により改善事項等が通知されます。


■認定プレート

認定基準
認定基準は「防犯環境設計(CPTED)」の4つの防犯設計手法の基本原則に基づいて、警察庁国土交通省による「防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針」を踏まえて、全国公益法人(財団法人全国防犯協会連合会財団法人ベターリビング社団法人日本防犯設備協会)が策定した基準モデルに、当県独自の認定基準を制定しました

5.有効期間

認定の有効期間は5年間です。
防犯設備の老朽化や機能低下が考えられますので、5年ごとの更新制にしています。構造・設備が変更になり、基準に適合しなくなった場合は、認定の効力は失効します。

6.認定の効果

防犯優良マンションは、侵入犯罪に強い構造・設備に対して第三者機関が認定しますので、居住者に安心感を与えます。 また、犯罪者の侵入を阻止する構造・設備を備え、かつ認定プレートを掲出することにより、犯罪者に警戒心を与え、犯罪の抑止効果が期待できます。

7.愛知県防犯優良マンション認定基準

愛知県防犯優良マンション認定事業規程
愛知県防犯優良マンション認定基準
認定基準解説

8.問合せ先

(社)愛知県防犯協会連合会
〒466-0054 名古屋市昭和区上町26番15号 愛知県高辻センター2階 愛知県警察本部分庁舎内
TEL : 052-871-2110  FAX : 052-881-4110
ホームページ  http://www.bouhan-aichi.or.jp/

(一財)愛知県建築住宅センター 評価チーム
〒460-0008 名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル1階
TEL : 052-264-4052  FAX : 052-264-4086

事業案内